インプラント

いしのまきグリーン歯科のインプラントは世界シェアNo.1のstraumann、およびリーズナブルなOSSTEMを採用しています。

安心1・世界シェアNo.1インプラント

サンプル

世界には何百種類ものインプラントが存在しています。当院が扱うインプラントはstraumann,​世界シェアNo.1 のメーカーです。
straumannのインプラントは97%を超える成功率(インプラントとしての一定の機能を果たしているかを示す値)を誇り、同時にインプラント周囲炎の発生率は1.8%とかなり低い値であることなど、科学的にその高い品質が証明されております。その革新的な技術はSLAと言われ圧倒的な骨との生着が起こります。また最近はSLAActiveとなるものが発売され、より骨との生着にスピードが増した技術が開発されています。straumannインプラント技術の革新をリードしているメーカーです。

2018年7月よりさらにインプラント治療の費用を抑えるべくOSSTEMインプラントを始めました。こちらもまたSA(表面に凹凸をより骨と生着しやすいよう加工したもの、straumannではSLAと呼ぶ)構造を持ちよりスピーディに骨と生着、straumann社製より9万ほど安価に提供できます。

2019年7月より新たにインプラントHiossenを始めました。性質はOSSTEMインプラントとほとんど変わりません。メーカーがアメリカ製になっています。

 

安心2・明朗価格と安心の7年長期保証

サンプル

インプラントは歯科では最高峰の治療であり自費診療であるが故、治療費が高くなっています。昨今さまざまな治療費で行えるインプラントがありますが、それはインプラント自体の仕入れ金額が安いからであり、優劣があるのは自明の理です。治療費は高く感じると思いますが、そこには必ず安心感が必要です。また7年または5年間保証致します。ただし最低半年のメインテンスを必ず来ていただけることが必須となりますのでご注意ください。
<治療例>OSSTEM(5年保証)
・歯を1本失った場合
インプラント1本=27.8万(被せ物も含む)
・歯を3本失った場合
インプラント2本(27.8万×2)+ダミー(5万)=60.6万


<治療例>Hiossen(5年保証)

・歯を1本失った場合
インプラント1本=30.8万(被せ物も含む)

<治療例>straumann(7年保証)
・歯を1本失った場合
インプラント1本=36.8万(被せ物も含む)
・歯を3本失った場合
インプラント2本(36.8万×2)+ダミー(5万)=78.6万

 

・上の総入れ歯が落ちてくる場合 OSSTEM
インプラント3本(20万×3)+入れ歯24万=84万
・下の入れ歯が動いて落ち着かない場合
インプラント2本(20万×2)+入れ歯24万=64万

​インプラントは高額医療です。1年間に支払った医療費が10万円を超える場合、200万円まで医療費控除の対象になります。確定申告の際、還付または軽減されます。詳しくは税務署にお尋ね下さい。

 

 

安心3・最新式CTとstraumannガイド

サンプル

CTはGC社製プロマックスを使用、骨の形態神経の走行骨密度をよりハイレベルに立体的に把握いたします。またstraumannガイドシステムを使用することで、インプラントがどのように患者様のお口に入るか再現致します。患者様は画像を見ることでより安心感が芽生えることでしょう。

インプラント当院治療例

当院でのインプラント治療例です。骨の状態が良い場合は、インプラント埋入後4~5か月で噛めるようになります。抜歯をしてからインプラントをする場合は抜歯窩が治るまで3~6か月程度かかり、それからインプラントを埋入致します。

OSSTEMの場合

インプラント2本 27.8万×2本=55.6万(税抜)

これはインプラント(ネジ)とかぶせ物(セラミック)を含んだ料金になります。

 

インプラント当院治療例 

入れ歯が落ちてくる動いてよく噛めない,入れ歯が大きくて困るなど入れ歯で悩む方には新たな方法としてインプラントオーバーデンチャーがあります。これは骨内にインプラントを2~4本埋入し、入れ歯にボタンをつけることで動きを抑制することができその結果、入れ歯を小さくすることができます。入れ歯の噛む力は通常の15~25%です。インプラントを組み込むことで40~70%まで噛む力を引き上げます

インプラントオーバーデンチャーに使用するインプラントはインプラントの長さよりも径が大事です。顎骨の状態を見極めたうえでの治療になります。

参考 上顎 インプラント20万×2~4本+入れ歯24万=64万(税抜)~

   下顎 インプラント20万×2本+入れ歯24万=64万(税抜)